マイクロソフトのWindows10 OSが7月29日からアップグレード開始されました
リリース24時間で1400万台がアップグレードがアップグレードされたとの報道がありましたが予約したユーザーでも案内が来ていないため予約待ちの人もいるかと思われます

ここで予約を待たなくても強制的にアップグレードする方法があります
それはWindows10のisoファイルがマイクロソフトから公開されているからです↓

マイクロソフトWindows10ダウンロードサイト

こちらでインストル用USB/DVDを作ることができるようです(試してみたところisoファイルをDVDに焼く際ERRでNGでしたが)
しかしこのサイトを通じてWindows10に直接アップグレードできたので報告
最初はWindows10実行出来なかったがBiosからメモリー機能を変更して無理やり?認証までたどり着いた
パソコン修理というより認証回避策って感じ!

Win10Ap (1)更新プログラムのダウンロード

Win10Ap (2)このPCではWindows10を実行できない
Win10Ap (3)BIOS調整メモリーNX(XD)
Win10Ap (4)これでようやくライセンス条項表示

Win10Ap (5)インストール準備完了

Win10Ap (6)ここまでは意外とスムース
Win10Ap (7)アップグレード中の丸進捗表示、この後数回リスタートされる

Win10Ap (8)ようやく完了、更新プログラムをインストール中

Win10Ap (9)これで完了
Windows8のタイルがスタートメニューに組み込まれた感じ!
スタートメニューが手狭ですがWindows8の入り口二つよりわかりやすい

チャームはなし