起動しないPCでもお客様データの復旧を優先させます

WordPress設定

  • HOME »
  • WordPress設定

wordpress

  • wordpress 3.5.1-ja&twenty tenの場合の覚え

WordPress 「投稿日」を「Posted :」に変更するには
「functions.php」の475行目を変更

変更前
function twentyten_posted_on() {

    printf( __( '<span>Posted on</span> %2$s <span>by</span> %3$s', 'twentyten' ),
        'meta-prep meta-prep-author',
        sprintf( '<a href="%1$s" title="%2$s" rel="bookmark"><span>%3$s</span></a>',
            get_permalink(),
            esc_attr( get_the_time() ),
            get_the_date()
        ),
        sprintf( '<span><a href="%1$s" title="%2$s">%3$s</a></span>',
            get_author_posts_url( get_the_author_meta( 'ID' ) ),
            sprintf( esc_attr__( 'View all posts by %s', 'twentyten' ), get_the_author() ),
            get_the_author()
        )
    );
}

変更後
function twentyten_posted_on() {

    printf( __( '<span>Posted on:</span> %2$s', 'twentyten' ),
        'meta-prep meta-prep-author',
        sprintf( '<a href="%1$s" title="%2$s" rel="bookmark"><span>%3$s</span></a>',
            get_permalink(),
            esc_attr( get_the_time() ),
            get_the_date()
        )
    );
}
また
style.cssに
.entry-meta {

    display: none;
}
を追加すると
全て表示なしとなる
  •  サイドメニュー部カテゴリーの 「…に含まれる投稿をすべて表示」を非表示にする方法

「wp-includes」内の「category-template.php」の830行目を下記修正

変更前

$link .= 'title="' . esc_attr( sprintf(__( 'View all posts filed under %s' ), $cat_name) ) . '"';

変更後

$link .= 'title="' . esc_attr( sprintf($cat_name) ) . '"';

function.phpにPHPの追加がお勧め

サイドメニュー部カテゴリーの 「…に含まれる投稿をすべて表示」を非表示にする方法

add_filter(‘wp_list_categories’, ‘remove_category_link_prefix’);
function remove_category_link_prefix($output) {
return str_replace(‘ に含まれる投稿をすべて表示’, ”, $output);

下記はまったく非表示の場合
add_filter(‘wp_list_categories’, ‘remove_category_link_prefix’);
function remove_category_link_prefix($output) {
return preg_replace( ‘/title=\”(.*?)\”/’ , ‘ ‘ , $output );
}

  • 記事下部カテゴリーの 「…の投稿をすべて表示する」を非表示にする方法

add_filter('the_category', 'remove_the_category_link_prefix');
functionremove_the_category_link_prefix($output) {
    returnstr_replace(' の投稿をすべて表示', '', $output);
}

  • または「カテゴリーの編集」-「説明」の中に表示させたい文字を入力すればサイドメニュー部のカテゴリポップアップは赤枠内の説明で記入した内容となる

カテゴリーが少ない場合はこちらが楽ですね

WordPressの設定

■wordpressで作成者を非表示にする

functions.phpの最後に下記追加

function twentyten_posted_on() {
printf( __( ‘<span class=”%1$s”>Posted on:</span> %2$s’, ‘twentyten’ ),
‘meta-prep meta-prep-author’,
sprintf( ‘<a href=”%1$s” title=”%2$s” rel=”bookmark”><span class=”entry-date”>%3$s</span></a>’,
get_permalink(),
esc_attr( get_the_time() ),
get_the_date()
)
);
}

■レンタルサーバcoreblogの場合デフォルトphp設定がセーフモードで実行されているためプラグイン(count per day)によってはエラー警告されるerr

そんな時は.htaccessに下記一行を追加

AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php

http://sb.xrea.com/showthread.php?t=10744

■コメント入力欄を非表示にする方法

スタイルシートを修正する
「/wp-content/themes/twentyten」の「style.css」を開く

#respond {

border-top: 1px solid #e7e7e7;
margin: 24px 0;
overflow: hidden;
position: relative;
}

に下記を追加
display: none;

■新しい投稿へのコメントのみ許可する設定

1日以上経過した記事へのコメントは「コメントは受け付けていません。」となる

新しい投稿へのコメントのみ許可する

 ■「コメントは受け付けていません。」を削除する方法

但し、前出のディスカッション設定「新しい投稿へのコメントのみ許可する設定」は無効

twenty-tenの場合

「/wp-content/themes/twentyten」の「loop.php」を開き下記設定3カ所を削除する

<span class=”comments-link”><?php comments_popup_link( __( ‘Leave a comment’, ‘twentyten’ ), __( ‘1 Comment’, ‘twentyten’ ), __( ‘% Comments’, ‘twentyten’ ) ); ?></span>

Twenty Elevenの場合、単一記事の投稿 (single.php)
comments.phpの73行目の削除で非表示
<!– <?php comments_template( ”, true ); ?> –>

■フッター表記「proudly powered by wordpress」の変更

ページ最後に表示される「proudly powered by wordpress」を変更する方法
スタイルシートを修正する
「/wp-content/themes/twentyten」の「footer.css」を開き下記変更箇所を修正する

【表示を消したいとき】
「proudly powered by wordpress」の表示を消したい場合はfooter.phpファイルにある「<div id=”site-generator”>
<?php do_action( ‘twentyten_credits’ ); ?><a href=”<?php echo esc_url( __( ‘http://wordpress.org/’, ‘twentyten’ ) ); ?>” title=”<?php esc_attr_e( ‘Semantic Personal Publishing Platform’, ‘twentyten’ ); ?>”><?php printf( __( ‘Proudly powered by %s.’, ‘twentyten’ ), ‘WordPress’ ); ?></a>
</div>」の中にあるコードを削除する

【Copyright表記に変更したいとき】
「<div id=”site-info”></div>」の中にあるコードを下のように変更する

Copyright &copy; 2012<a href="<?php echo home_url( '/' ); ?>" title="<?php echo esc_attr( get_bloginfo( 'name', 'display' ) ); ?>" rel="home"><?php bloginfo( 'name' ); ?> </a>All Rights Reserved.

過去の記事そのまま↓

入り口の山門はあまり大きくないので、少しわかりにくいですね
kamakuara
鎌倉にあるおんめさま 大巧寺は安産の神として有名です
鎌倉駅から徒歩3分であることからも訪れる方が多いお寺です
庭にはほとんど花が咲かないこの季節ですが
XXの葉っぱが紅葉していたので撮ってみました

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP